ロッテリアから衝撃的な商品が発売です。

その名も、

雪見だいふくプチバーガー!!

 
ロッテアイスクリームの人気商品「雪見だいふく」と、

ハンバーガーのファストフード店で有名なロッテリアがコラボメニューということで

ネットでは話題になっているみたいです。

 

それでは、雪見だいふくバーガーの販売期間や価格などを調べてみました。

スポンサーリンク

雪見だいふくバーガーの販売期間はいつ?

雪見だいふくバーガーの販売期間はいつからいつまでなのでしょうか?

ロッテリアの公式サイトによると、

2017年8月31日(木)~2017年12月下旬

となっています。

 
夏の終わりから、年末までという感じで、長い期間楽しめる設定になっていますね。

残暑に嬉しい冷たいスイーツとしても、冬にコタツに入りながら楽しむスイーツとしても重宝しそうです!

 

販売店舗は全国のロッテリア各店舗となっています。

ただし、

・さいたまスーパーアリーナ店

・上野公園ルエノFS店

・銀座クリスタルビル店

・八景島シーサイドオアシス店

・神戸ハーバーランド店

・ZOZOマリンスタジアム店

の6店舗では取り扱いがありませんのでご注意ください。

 

雪見だいふくバーガーの種類は?

気になる雪だいふくバーガーの種類はどんなものがあるのでしょうか?

味も気なりますし、持ち運びを考えるとサイズも気になりますよね。

 
まずは雪見だいふくバーガーの種類から。

4種類あります。

商品名:『雪見だいふくプチバーガー(いちごあずき)』

商品名:『雪見だいふくプチバーガー(あずき)』

商品名:『雪見だいふくプチバーガー(みたらし)』

商品名:『雪見だいふくプチバーガー(チーズ)』

直径6センチの小さなバンズに、雪見だいふくを1つとソースをサンドしています。

 

直径6センチのバンズは手のひらサイズのプチバンズで、2017年春に新商品として発売されたプチバーガーでも使われていますね。

 

プチバーガーは人気商品の手のひらサイズで、雪見だいふくバーガーは同じバンズを使用したおやつ商品になりそうですね。

 

味は、「いちごあずき」「あずき」

バニラアイスの雪見だいふくの味を、最大限に引き出してくれる味だと思います。

 

それとは打って変わって、「みたらし」「チーズ」

今は、甘いとしょっぱいを合わせた「甘じょっぱい」が流行っているので、

こちらは想像の斜め上をいくような衝撃な出会いができるかもしれませんね。

 

雪見だいふくバーガーと同時に発売される商品があります。

「雪見だいふくシェーキ(宇治抹茶&黒糖プリン)」

こちらは沖縄産の黒糖を使用した黒糖プリンで、その上に抹茶シェーキと雪見だいふくとホイップクリームをトッピングした

和風仕立のシェーキです。

 

これだけふんだんにアイスやソースを使用していると気になってくるのがカロリーですよね。

 

雪見だいふくバーガーのカロリーは?

調べてみましたが、まだ未発売の商品なので、カロリーは表示されていませんでした。

なので、バンズのサイズなどから予想をしてみようと思います。

 

現在発売中の6センチバンズのプチエビバーガーは235カロリー。

その炭水化物量が18.7gなので、だいたい75kcalくらいでしょうか。

雪見だいふくの1個のカロリーが74kcalなので、

それに雪見だいふくバーガーあずきに入っているあずきの量を予想して、

だいたい190~200kcalという所でしょうか。

市販のメロンパンのカロリーが400~500kcalなので、

手のひらサイズということで、おやつ感覚で食べれるバーガーになりますね。

 

雪見だいふくバーガーの価格は?

価格は単品230円(税込)

単品価格でここまで安いのはロッテリアの少ないです。

過去にロッテリアとガーナがコラボ商品の中にあるチョコパイが単品150円なので、

良心的で求めやすい価格なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ロッテリアがコラボしたメニュー

過去にロッテリアとかガーナがコラボしたのですが、

他にもコラボした商品を調べてみました。

 

2016年の11月から8月下旬までの間に、ガーナチョコレートとコラボしたメニューを販売しています。

ホットチョコレートやパイなど7商品ありました。

他にも、2017年1月12日からは、ロッテのお菓子の「トッポ」と、

受験をシーズンをかけて「トッパ」という商品を発売しています。

そして2016年12月には、雪見だいふくバーガーの前に、

雪見だいふくとコラボしたメニューを発売しているのです。

「チョコバナナクレープ雪見」と「いちごあずきクレープ雪見」という商品で、

ソースと雪見だいふくをクレープ包んだ、シンプルかつフォトジェニックなコラボメニューでした。

その時の期間は、12月から2017年の2月までで、

銀座、神戸、東京都町田市の3店舗でしか販売をしなかったみたいです。

そもそもロッテってどんな会社?

なぜこんなにもロッテとロッテリアがコラボできるとかというと。

ロッテはロッテホールディングスの傘下にあるお菓子メーカーの企業です。

有名なお菓子としては「キシリトール」「ガーナミルクチョコ」などがあります。

 

そのロッテのグループ会社のアイスメーカーがロッテアイスです。

代表的な商品は「雪見だいふく」「モナ王」「爽」ですね。

コンビニでは必ず置いてあるアイスメーカーです。

 

ロッテリアとロッテの関係性

ロッテリアとは、1972年に創業し、

日本人好みのファストフードとして業界をリードしてきた、ロッテグループのファストフードチェーン店です。

だからロッテリアはロッテの商品である「雪見だいふく」とコラボが可能なんですね。

 

まとめ

最近はインスタグラムでも雪見だいふくをアレンジした一手間メニューを作るのが流行っています。

お汁粉の中に入れたり、パンケーキに挟んだり。

少し炙ってもちもちトロトロな食感という不思議なアレンジをしている人もいるみたいです。

 

そう思うと、ソースと一緒にバンズで挟むというのは、流行りの一手間メニューになりますよね。

期間も半年間と長いので、一度味見をしてみたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク