草薙剛さんのSMAP解散後の初ドラマ「嘘の戦争」(フジテレビ系 火曜午後9時)のあらすじやキャストと相関図をまとめています。

また、昨年、草薙剛さん主演で大ヒットした「銭の戦争」との関係を調べました。

概要

草薙剛さんは幼い頃に家族を殺された復讐を果たす天才詐欺師を演じます。

同局系火曜ドラマ枠の主演は「いいひと。」(97年)から始まり、20年で通算7作目。
もはや草薙剛さんは火曜日夜の顔ですね!

スポンサーリンク

「嘘の戦争」のあらすじ

千葉陽一(草薙剛)の父は、母と弟を殺し、無理心中した。しかしそれは、仕組まれた殺人事件だった。

 

犯人の顔を見てしまった9歳の千葉陽一は、警察に「犯人は父ではない、自分は真犯人の顔を見た」と繰り返し証言するが信じてもらえず、逆に「嘘つき」と呼ばれ、親戚からも、疑いの眼差しで見られることになる。

 

やがて千葉陽一は「嘘つき」の呼び名の通り、天才的な嘘つきに成長した。

千葉陽一は、タイに渡り、名前を「一ノ瀬陽一」に変えて、偽の経歴を手に入れ、たぐい稀なる詐欺師になっていた。

そして、一ノ瀬浩一は、偶然にも記憶の中の真犯人“あざのある男”と再会する。

 

真犯人との再会により、30年間眠っていた“怒り”という感情がよみがえり、復讐することを誓い、ついに日本に戻ってくる。

 

そうして事件当夜について調べていると、事件関係者たちが次々に浮上していく。

30年の時を経て、その事実を知った一ノ瀬浩一は、詐欺師ならではの手法で、その事件関係者たちに罠を仕掛けていく。

 

さらに一ノ瀬浩一は、事件関係者たちのスキャンダルや犯罪者としての顔も暴き、社会的に抹殺しようとする。

しかしそれを阻もうとする大企業の会長・二科興三市村正親)や次男・隆(藤木直人)、長男・晃(安田顕)との間で熾烈な攻防戦が繰り広げられていく。

こうして一ノ瀬浩一の壮絶な復讐劇が始まっていくが、最終的に一ノ瀬浩一は復讐を果たすことが出来るのか?

 

その一方で、相棒的な女性詐欺師・ハルカ水原希子)、さらに、二科家の長女の女医・楓(山本美月)が登場。一ノ瀬浩一を巡る三角関係、複雑な愛憎劇も巻き起こる。

鮮やかな“ダマし”で積年の恨みを晴らす爽快な復讐劇と禁断の愛憎劇が、ときにはシリアスに、ときにはユーモラスに描かれていきます。

あらすじ的には2016年冬ドラマで、草薙剛さん主演で大ヒットした同フジテレビ系ドラマ「銭の戦争」との類似を感じさせるポイントがいくつかありますね。

  1. 主人公の父が仇役にはめられて自殺してしまう。
  2. 主人公は、父の仇を見つけて、逆に追い込むことで復讐していく。
  3. シリアスなテーマだが、ユーモラスも交えた演出
  4. 相棒役と令嬢役の二人の女性が登場し、主人公と三角関係になる。

「銭の戦争」との類似が必ずしも悪いわけではないと思います。

おそらく、こういう類似のポイントを押さえることで、エンターテイメントとして必ず面白くできるのでしょうね。

スポンサーリンク

「嘘の戦争」相関図

出典:http://www.ktv.jp/uso/chart/index.html

相関図見てみると、やはり三角関係となる女性キャストが注目ですね!

特に、山本美月さんはこれまであまり設定の難しい役柄はなかったかと思いますが、今回の役どころは、おそらく主人公にまんまと利用される令嬢役ですから、かなりの演技力が求められます。

水原希子さんの詐欺師の相棒役というのも難しそうなキャストですね。

人気的にはトップクラスのモデル・じょゆうさんを、もやはベテラン俳優の仲間入りをした草薙剛さんが、どう魅力を引き出すのか?

ぜひドラマを見て確認して見てください!

「嘘の戦争」キャスト

一ノ瀬浩一(旧姓 千葉陽一):演 草薙剛

天才詐欺師

お金に無頓着、才能はあるのに欲はないと詐欺士らしからぬ性格。
30年前に父親の無理心中を装った犯行で家族を殺される。
事件の真犯人を目撃した瞬間から、知略をめぐらし、壮絶な復讐に生きる男へと変貌をとげる。itchinosekoichi

二科隆:演 藤木直人

ニシナコーポレーション社長

子供の頃は繊細で心優しかったが、数年前に父が病に倒れ、後継者を言い渡された時から、人が変わったように強引で冷酷な性格に。二科家と会社を守る為なら、どんな手でも使う。

nishinatakashi

十倉ハルカ:演 水原希子

浩一の相棒的な女詐欺師。相性は”ハルちゃん”

浩一とは海外で出会い、浩一の詐欺被害に遭う。しかし、被害を警察に訴えるどころか、浩一に詐欺の技に惚れ込みんでしまう。浩一とは極度の人間不信な者同士、妙にウマが合い信頼し合っている。

浩一への恋心に気がつき、楓との三角関係に発展していく・・・

tokuraharuka

二科楓:演 山本美月

二科会長の長女で救命救急医。

父や兄が、二科家のためにしてきた数々の強引なやり方を垣間見て、嫌気がさし、家を出ているが、二科家との縁はきっていない。

人を信じる心を持った純粋な女性

nishinakaede

二科晃:演 安田顕

死亡した会長の最初の妻の息子で子会社の社長。
やり手の弟・隆や社員たちからは迷惑がられる存在で名ばかり役員。

nishinaakira

三瓶守: 演 大杉漣

浩一の父の友人。とても善良で、幼かった浩一にとっては唯一の味方。30年前、突然仕事をやめ、児童養護施設を手伝うようになり、後にそこの経営者になった。浩一はそこで育った。

sanpeimamori

八尋カズキ:演 菊池風磨(Sexy Zone)

帰国後の浩一の面倒を見る詐欺師見習い。パソコンに強く、ウィルスを仕込んで、相手のパソコンのメールやファイルを覗くぐらいは朝飯前。

yahirokazuki

百田ユウジ: 演 マギー

浩一に詐欺の手法を教えた兄貴分的存在。ユウジが経営するバーには詐欺師仲間が集う。

momotayuji

七尾伸二:演 姜暢雄

会長の秘書。豊富な人脈を持ち、会長と隆を陰で支えている。

nanaosinji

「銭の戦争」と「嘘の戦争」の関係は?続編なのか?

「銭の戦争」の脚本・後藤法子さん、監督・三宅喜重をはじめ、スタッフが再集結して制作される「嘘の戦争」は“草なぎ剛・復讐シリーズ”第2弾の位置付けだそうです。

制作チームが同じなので、あらすじや相関図で紹介したように、ドラマのテイストはかなり近いものがありそうですが、「銭の戦争」の直接の続編ではないようですね。

また、「銭の戦争」は韓国コミックが原作となっていましたが、「嘘の戦争」は「銭の戦争」をよりスケールアップした完全オリジナルストーリーだそうです。

まとめ

2017年冬ドラマ「嘘の戦争」のあらすじやキャストと相関図などを紹介してきました。

「嘘の戦争」は、同じく草薙剛さん主演で大ヒットした「銭の戦争」の直接の続編ではないですが、いい意味での類似性や影響は受けていることは間違いありません。

逆に考えれば、面白い作品を下地にしているということで、「嘘の戦争」も良い出来が期待できます。

作品の出来の良し悪しは、実際にドラマを見てあなた自身で判断して見てください!

スポンサーリンク