観月ありささんが主演する2017年4月23日スタートのフジテレビ日曜ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」は、名家のお嬢様でありながら、「三度の飯より骨が好き」で標本士を職業にしてしまった櫻子さんたちが事件に巻き込まれたながらもそれを見事に解決していく推理ミステリードラマです。

この記事では、ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」のあらすじとキャストや相関図を紹介していきます。

スポンサーリンク

櫻子さんの足下には死体が埋まっているのあらすじ

九条櫻子(観月ありさ)は、博物館などからの依頼を受けて動物の骨格標本を組み立てる「標本士」だ。

博物館の技術補佐員・舘脇正太郎(藤ヶ谷太輔)は館長に命じられ櫻子さんの邸宅を訪れたがために、櫻子さんとともに数々の事件の謎解きに関わることになる。

櫻子さんと正太郎がいく先々ではなぜか「死体」に遭遇する。

「骨は雄弁に語りかけてくる」と言う櫻子さんは、骨格標本士としての解剖学の知識を発揮して、死体の死体に隠された謎を次々と解き明かしていく


「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」は骨格標本士で博学の櫻子さんと、博物館学芸員である正太郎のペアが中心になって繰り広げる推理ミステリードラマです。

基本的には各話完結型のドラマですが、原作と同じく話の内容によっては数話連続もあるかと思います。

スポンサーリンク

櫻子さんの足下には死体が埋まっているのキャスト相関図

ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」の公式サイトのから相関図を引用します。(下図)

原作では正太郎は高校生なので、正太郎が通う高校も舞台になっていましたが、ドラマではその高校が「自然の森 博物館」に変わっていることが、原作からドラマへの大きな変更点です。

各キャストについては次の項目で紹介します。

スポンサーリンク

櫻子さんの足下には死体が埋まっているのキャスト

相関図で紹介したドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」のキャストを紹介していきます。

九条櫻子/観月ありさ

“三度の飯より骨が好き”という一風変わった嗜好を持つ美人の名家のお嬢様。

趣味が高じて博物館などからの依頼で動物の骨を組み立てる「標本士」を仕事にしている。

美しい外見に似合わず、男勝りでぶっきらぼう。

空気を読むようなことはせず、他人のひんしゅくなど御構い無しの歯に衣着せぬ発言で周囲を翻弄します。

高校時代の恩師から標本の作り方を学び、大学教授で監察医でもあった叔父のもとで法医学を学びました。

頭脳明晰で素晴らしい洞察力を持っているのですが、それを法や行政に役立てるつもりは特になく、事件解決に協力するかどうかは櫻子さんの興味次第です。

櫻子さんにとって”死”は恐れの対象ではなく、”美しさ”や”荘厳さ”の感じさせるものです。

そして、事件では「死体は雄弁」と語り、目の前の死体を観察分析して真実をあぶり出していきます。

さらに事件や物事の重要な本質とも言える「芯」を櫻子さんは「骨」と表現します。

「何事にも必ず“骨”がある。それが通れば、真相はおのずと見えてくる」と考え、事件を解決するために「骨」を繋げていきます。


主人公の櫻子さんの設定は、ほとんど原作と同じですね。

人嫌いで空気を読まないちょっと困ったお嬢様ですが、その知識や洞察力は名探偵そのもの。

しかし、決して非常なわけではなく、実は困った人を放っておけない優しい一面もあります。

そんな多面性を持った櫻子さんにキャストされたのはこれまでに30作品ものドラマで様々な役をこなしてきた観月ありささん。

きっと観月ありささんなりの記憶に残る櫻子さんを演じてくれることでしょう。

館脇正太郎/藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)

博物館職員

就職浪人した2年目にも就職が決まらず、大学の就職課の紹介で博物館に就職した。

優しく純粋で正義感が強いが、噓をつけず思ったことが顔に出てしまう。

ミステリー小説が好きなくせに異常な怖がりで、博物館の剥製などの展示物が怖い。

博物館では剥製などを扱わない事務職に就くことで安堵している反面、やりがいを感じていない。

ひょんなことから櫻子さんと出会い、初めて会うタイプの櫻子さんのことを「もっと知りたい」と思う反面、櫻子さんの死生観に「心がない人なのでは?」と不安になることもある。


原作での正太郎は、高校生の設定で、調査や推理以外では一般常識に欠ける櫻子さんのある意味では保護者的な存在でした。

一方、ドラマ版では、地味で冴えない「博物館員」で「究極のドM男」となっています。

大胆な設定とキャラのイメージ変更をKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さんがどう演じるのか楽しみです!

志倉愛理/新川優愛

正太郎の同僚の博物館学芸員補。

明るく元気がいい現代っ子で、スタッフルームのムードメーカー

昔から化石が好きで、望んで博物館に就職した。

話しかけても反応のない櫻子さんが苦手だったが、正太郎を介して櫻子さんのことを知っていくうちに櫻子さんのシュールな魅力にはまっていく。

人に接する時に距離が近いこととキュートなルックスで正太郎をドギマギさせる。

正太郎と愛理に恋の予感?


ドラマのオリジナルキャストです。

櫻子さん – 正太郎 – 愛理の三角関係にドキドキさせられそうですね!

山路輝彦/髙嶋政宏

事件現場で櫻子さんと遭遇することになる刑事。

明るくノリがいいが、上昇志向も強い。

いざ事件となると捜査は真剣。

表には出さないが、犯罪や犯罪者を嫌悪していて、許せないことがたくさんある正義漢。

自分の好奇心を満たすために事件に関わる櫻子さんに迷惑をかけられることもあるが、事件解決への地下道として櫻子さんを好都合な存在と感じている。

度々櫻子さんと衝突するが内心ではリスペクトしている。


原作でも山路という名前の刑事は登場しますが、ちょい役としての登場で、ドラマ版ほど深くストーリーには絡んできません。

設定も現場の冴えない横柄な中年のおじさんという感じの設定なので、ドラマの山路の設定とは大きく違います。

原作の登場人物の名前を借りたドラマオリジナルのキャストと言えます。

磯崎齋/上川隆也

正太郎と愛理の先輩学芸員で植物オタク

普段は仕事熱心には見えないが、珍しい品種の植物を目の前にすると途端にテンションが上がる。

仕事に関係のないのに植物に関する研究を日々行っている。

プラベートは謎に包まれていて、独自の価値観や世界観を持つ。

変わり者だが実は他人思いで繊細な性格。

櫻子さんのこともただの変人ではなく人間への愛情が深い人であることを見抜いている。

植物の専門家として櫻子さんと正太郎をサポートしていく。

磯崎が植物オタクになったのは5年前に起きたある未解決事件が原因となっており、その事件が櫻子さんや他のメンバーを巻き込む大事件に発展していく・・・


磯崎齋は、原作では正太郎が通う高校の生物の教師でしたが、正太郎の設定変更に合わせて博物館の先輩学芸員というキャストになっていますね。

原作と同様に、普段は他人から距離を取りがちであまり深く他人の心に入ってこない人物ですが、実はそうなった背景にはある事件が絡んでおり・・・

ということで原作同様にドラマでも磯崎に絡んだ大きな事件が発生しそうです!

 


その他のキャストについて詳細が発表されましたら随時更新していきますのでお楽しみに!

まとめ

観月ありささんが主演する2017年23日スタートのフジテレビ日曜ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」のあらすじとキャストや相関図をお届けしました。

ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」は、キャストの設定など原作とはまた一風違った味付けとなっていて、櫻子さんと正太郎以外の個性あふれるキャストがドラマを盛り上げてくれそうで本当に楽しみですね!

まだまだ詳細は謎な部分が多いので、今後随時追記していきます。

最後までお読みくださりありがとうございました!

スポンサーリンク