現西宮市長の今村岳司市長がの中高生対象のワークショプでの発言が物議を醸しています。

この記事では今村岳司西宮市長の発言内容の検証と経歴や刺青の噂について調べてました。

スポンサーリンク

 兵庫県西宮市の今村岳司市長(44)が11月、市主催の中高生対象のワークショップで、「中高生時代に校内でタバコを吸っていた」という趣旨の発言をしていたことがわかった。市議会は発言を問題視。一部会派が13日、反省を求める決議案を議会運営委員会に提出した。

市によると、ワークショップは11月27日、西宮市内であり、市内在住、在学の中高生18人が参加。市職員らと「放課後や休日に学校以外でやってみたいこと」をテーマに討論した。市長は最後に中高生を激励するあいさつの中で喫煙経験について触れた。

市長は、発言内容を今月8日付のブログで紹介している。それによると「中高生だったころの私に必要な『居場所』は、授業を抜け出してタバコが吸えて楽器が弾けるところ、でした」「私たちは自由にタバコが吸え(た)」と話し、「『居場所がない』という人は、ほんとうにないのか、もういちど考えてください」と呼びかけたという。
引用:朝日新聞デジタル

公平を期するために今村岳司西宮市長のブログからも発言の全文を引用します。

中高生だったころの私に必要な「居場所」は、
授業を抜け出してタバコが吸えて楽器が弾けるところ、でした。
さいしょそれは某部室でしたが、
そのクラブの部員に迷惑をかけるわけにもいかないなと思っていたところ、
すばらしい代案が見つかりました。
格技場の上階に普段は使っていない部屋があったのです。
私たちは鍵を盗みだし、合鍵を造りました。
それで私たちは自由にタバコが吸えて楽器が弾けました。
でも、この自由を継続させるためには、一線を越えないことが重要でした。
先生に「注意しなくてはならない情況」にさせないこと。
その範囲内で、私たちは「居場所」を手に入れました。
「居場所がない」という人は、ほんとうにないのか、もういちど考えてください。
自分でくふうして手に入れようとすることがだいじです。
オトナが与えてくれるなんて大まちがい。
一線を越えない範囲で、これまで「無理」と思っていた範囲を破らなきゃ。
それが若いことの特権。
今村岳司西宮市長のブログの記事はこちら
http://xdl.jp/diary/?date=20161208

今村岳司西宮市長からしてみれば、「居場所は与えてもらうものではなく、自分で作るものなんだよ!」というメッセージを中高生の心に響きやすい表現を使って伝えたということでしょうね。

今村岳司西宮市長は、決して「未成年もタバコを吸える場所を自分で探しなさい」といっているわけではないでしょうね。

スポンサーリンク

今村岳司西宮市長の経歴

今村岳司(いまむらたけし)

生年月日:1972年11月28日(44歳)

出身地:兵庫県西宮市

学歴

神戸大学附属住吉小学校→甲陽学院中学校・高等学校→京都大学法学部卒業。

大学卒業後にリクルートに入社。
就職面接で「いずれ政治家になるので時期が来たら辞める」と宣言した上での入社で、1999年に宣言通り退社。

1999年4月の西宮市議会議員選挙に無所属で出馬し、最年少の26歳でトップ当選。

初当選後、6月に開かれた西宮市議会初日に「茶髪、ピアス、ひげヅラ」という格好で市議会に現れる。

選挙戦とはまったく異なる姿であったことについて問われると「(写真は)あの方が選挙に通ると思ったから。こっちが本来の自分です」とコメントしている。

さらに、「政治の業界には…若いやつが政治に目を向けたくなるような同世代のヒーローがいない。じゃ、おれが興味の対象になってやろう」と語っています。

なかなか面白い人じゃないですか〜!

ステレオタイプな政治家像でないところがいいですね!

初当選以後、4期連続で西宮市議に当選し、うち初当選を含む3回は得票数トップで当選。

西宮市長選挙2014年4月の西宮市長選に、既成政党の推薦や支持を受けず、無所属で立候補し、自民・民主・公明3党の推薦を受けて出馬した現職市長や、前市議などの2候補を破って初当選しています。

そんな今村岳司西宮市長も当選から2年半以上が過ぎようとしており、任期の4年がだいぶ迫ってきましたが、西宮市長としての成果はどうなっているのでしょうか?

日々市西宮長職に奮闘されているようですが、まだこれといって目立った成果は出ていないようです。

ただし、下のページでご自身のマニフェトの進捗は公開されておりますので、前向きに政策実行に向けて歩まれているのでしょう。

今村岳司西宮市長の今後に期待ですね!

今村岳司西宮市長のマニフェストの進捗
http://xdl.jp/manifesto_process/

今村岳司西宮市長の評判

今村岳司西宮市長は、市議としては4期連続で当選しうち初当選を含む3回は得票数トップで当選していますので、西宮市民は評価しているということですし、評判も良いと言えそうですね。

政策的にも、2014年の「第9回マニフェスト大賞」優秀賞に選ばれており、政治家としての政策にはしっかりとした考え方を持っているようです。

当選後の市長としての活動成果については、支持派、批判派それぞれから、それぞれの考え方のバイアスがかかった見解がネット上には出ていますが、肝心の市民の声がネット上にはあまり見受けられません。

とにかく、これから約1年半の市長の任期で反対勢力を抑えてどれだけマニフェストを実行して成果を出していくかで、今村岳司西宮市長の真価と評判が定まっていくでしょう。

スポンサーリンク

今村岳司西宮市長の刺青の噂

今村岳司西宮市長が刺青をしてるという噂が囁かれていますが、真相はどうなのでしょうか?

??刺青
彼が刺青をしていたのは事実である。
しかし、刺青と言っても龍や虎と言った、
いわいる極道の方がしているものではなく、
「西宮」の文字を半分にしたものを腕にしていた。
「未完成な西宮を自分の手で健全なものにする」
という彼なりの決意表明だった。
ただ、その刺青も、彼が市長選に立候補すると決めた約2年前に、
「市長にふさわしい人間になるため」
という理由で消している。

いずれも彼なりの西宮への純粋な想い故である。
引用:つれずれなるままにひぐらし

ということで、彼の金髪やピアスなどの姿格好から、ヤクザのような刺青を想像されている方が多かったかと思いますが、そうではないようです。

西宮市への今村岳司西宮市長なりの思い入れを刺青という形で残したようですね。

よく海外の方や最近では日本でも、愛する恋人や妻、夫の名前を刺青で彫りますが、あれに近い感覚だと思います。

最後に

今村岳司西宮市長のことを調べてみましたが、筆者は嫌いではないですね!

どちらかというと好きな部類に入ります。

学校、会社、社会に縛られ、がんじがらめの規則の中で生活していくことと相入れない人たちはたくさんいます。

そんな自由を求める人たちのためにも今村岳司西宮市長には頑張って成果を出してほしいものです!

スポンサーリンク