フジテレビアナウンサーの”ミオパン”こと松村未央アナウンサー(30)と タレントの陣内智則(43)の結婚が決まり、6月30日に入籍されることが報道されました。

おめでとうございます!!

この記事では松村未央アナウンサーと陣内智則さんと結婚までの馴れ初めや実家への報告状況と松村未央アナウンサーのプロフィールについても触れていきます。

スポンサーリンク

松村未央アナウンサーのプロフィール

”ミオパンこと”松村未央アナウンサーのプロフィールを紹介していきます。

松村未央アナウンサーの出身地は神奈川県藤沢市です。

生年月日は1986年6月29日ですので現在は30歳。入籍日の1日前の6月29日が松村未央アナウンサーの31歳の誕生日なのですが、タイミング悪くその日は仏滅のため、大安である翌日の6月30日を入籍日と決めたそうです。

 
松村未央アナウンサーの最終学歴は、慶應義塾大学法学部政治学科卒業ということで、さすがにフジテレビの女子アナだけあって高学歴ですね。

ちなみに松村未央アナウンサーの高校は慶應義塾湘南藤沢高等部ですので、生粋の慶応ガールです。

松村未央アナウンサーは、大学時代にアルバイトとして、日本テレビイベントコンパニオンやテロップ入力作業などに携わっていたそうで、若い時からテレビの仕事をすると心に決めていたようです。

また、松村未央アナウンサーは他局で同期の田中みな実アナウンサーやタレントの高見侑里さん、長野美郷さんと仲が良いそうです。とくに高見侑里さんとは出身地が同じで誕生日が一日違いと縁を感じているらしく特に親しいとか。

 
松村未央アナウンサーは、フジテレビには2009年に入局されており、”〇〇パン”シリーズの”ミオパン”として、フジテレビ女子アナのエースとして活動されているのはみなさんご存知の通りですね。

2012年にはスーパーニュースのコーナーリポーターに抜擢されたり、2014年にはソチオリンピックの現地中継キャスターに抜擢されたりと大活躍。他にもすぽるとなど数々のフジテレビの看板番組に出演されてきました。

スポンサーリンク

松村未央アナウンサーと陣内孝則さんの馴れ初めと愛の奇跡

松村未央アナウンサーと陣内孝則さんの馴れ初めですが、出会いのきっかけは、2012年に行われた合コンだったようです。

陣内さんらしいですよね(笑)

合コンの主催はさま~ずの大竹さんと元フジテレビアナウンサーの中村仁美さんご夫妻だったとか。

芸人の先輩と元フジテレビのアナウンサーのご夫婦がセッティングした合コンということで、普通のチャラチャラした合コンとは違って、落ち着いたお食事会という雰囲気だったのではないでしょうか?

そして、その合コンで松村未央アナウンサーに一目惚れした陣内智則さんが猛アタックしたことが馴れ初めとなり、2013年から真剣交際をスタートされました。

 
2014年1月に陣内孝則さんにモデルとの二股疑惑も浮上し、松村未央アナウンサーの周囲はだいぶ心配をしたようですが、松村アナは周囲に「全然問題ないです。大丈夫」と語っています。

その後、松村未央アナウンサーの陣内孝則さんへの気持ちが揺らぐことなく、3年以上にわたって陣内智則さんを支え続けてきました。

陣内さんは07年に女優の藤原紀香と結婚し09年に離婚していることは広く知られていますが、その離婚の原因が陣内さんの浮気だったということもあって、フジテレビの局関係者には交際に反対し、止める声が多かったのですが、それでも松村アナは一途に交際を継続してきました。

陣内智則さんも芸人仲間からも「あんな、ええ子を泣かせることだけは絶対にしたらアカン」と忠告されているそうですが、今度こそはと気を引き締めているとか。

陣内孝則の実家には報告済み?

陣内さんと松村アナの両家の実家のご両親も早期の結婚を希望されているそうで、2016年のお盆に、墓参りのため兵庫県加古川市の陣内智則さんの実家に松村アナを伴って帰省されています。

2017年は元日からお互いの実家の両親とともに熱海に結婚前の婚前旅行に出かけており、両家の親交もバッチリなようですね。

陣内さんの母の里美さんは「(松村さんは)優しくて素晴らしい方。もったいないくらい。いい方と巡り合えて良かった」と喜ばれており、結婚を熱望されているそうです。

最後に

タレントの陣内智則さんとの結婚がきまったフジテレビアナウンサーの松村未央さんのプロフィールや、お二人の馴れ初めや実家との関係をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

芸人1番のモテ男・陣内智則さんがお相手ということもあって、随分と周囲に心配された松村未央アナでしたが、その一途な愛はかわることなく結婚を決められたということでおめでたいですね!

これからの松村未央アナと陣内さんの幸せな生活を暖かく見守りたいとおもいます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク