いきなりライブが中止や延期されることってよくあります。

例えば、

2017年7月に予定されているX JAPANのライブツアー「X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X」は、すでに先行予約が始まっていますが、
リーダーのYOSHIKIが頸椎椎間孔狭窄症の治療で、5月16日に人工椎間板置換術の手術することになったので、ライブが中止か延期になる可能性が高いです。

 
また2016年12月24、25日に予定されていた「三代目J Soul Brothers」の札幌ドーム公演は、ライブに出演する予定だったPKCZの乗った車が事故に遭い、パフォーマーのMAKIDAIさんが重傷を負ったために中止され、振替公演が翌年2017年の8月に設定されました。

 
同じく2016年12月の札幌でのことですが、ライブ当日に大雪に見舞われ空の便に影響が出てしまい、ライブの予定であったモーニング娘。’16が現地入りできず、ライブが中止になったという出来事もありました。

 
大雪や台風、地震などの自然災害による場合もあれば、アーティスト側の都合など理由は色々ですが、結構な頻度でライブの中止や延期は起こります。

そんなとき、本当は参加する予定だったらライブチケットの購入者さんはどうすればいいか?

払い戻しはできるのか、払い戻しができるとしたらどこでどのようにやればいいのか。

延期の場合でも返金はされるのか?手数料の取り扱いも気になりますよね。

 
そんな気になるライブチケットの払い戻し方法について、主なプレイガイドの対応を調べてみました。

スポンサーリンク

チケットぴあの場合

チケットぴあの払い戻しは、アーティストの急病、天候不良など興行主催者の都合により公演が中止・延期となった場合に実施されます。

払い戻し対象は、チケット代金/システム利用料/発券手数料/特別販売利用料です。

配送手数料は未配送の場合にのみ払い戻し対象となります。

決済手数料は払い戻し対象とはなりません。

 
手続きは、チケットの引取方法などによって異なります。

購入されたチケットが既にお手元にある場合はこちらをご覧ください。

http://t.pia.jp/guide/refund02.jsp

チケット代金は支払い済みで、まだチケットが手元にない場合はこちらをごらんください。

http://t.pia.jp/guide/refund03.jsp

ローチケHMVの場合

中止・延期になった公演は、チケットを引取ったローソン・ミニストップ店舗での払戻しとなります(24時間可)。

配送受取の場合は、ローソン・ミニストップ店舗で払い戻しが可能です。

チケットを用意し、ローソン・ミニストップ店内に設置のLoppiから払戻しの操作を行ってください。

上記方法以外での払戻しは受付できません。

払戻しは、公演自体が中止や延期になった場合等に、主催元の判断で行わます。

購入者の都合による払戻しはできません。

払戻しの対象となるライブはこちらからご確認ください。
公演中止・払戻しのご案内

e+の場合

注意や延期・変更の場合に払い戻しされます。

中止の場合と、延期・変更の場合それぞれについて、手続きの流れを示すフローチャートが公式サイトに公開されていますので、詳細はそちらをご覧ください。

公式サイトへのリンクはこちら

中止の場合

延期・変更の場合

CNプレイガイドの場合

公式サイトの「公演中止・変更」のページから該当するライブを確認し、払い戻しの処理を行ってください。

公式サイトへのリンクはこちら

公演中止・変更

ウドー音楽事務所の場合

ウドー音楽事務所の公式サイトにて会員登録をして購入した場合は、払い戻し対応についてのお知らせが登録しているメールアドレスに送られます。

また、ウドー音楽事務所の公式サイト上でも詳細を発表されます。

最後に

ライブが中止・延期になった際のチケットの払い戻し方法についてまとめました。

アーティストの急病、天候不良など興行主催者が主催者の都合と認めた場合は、払い戻しは可能です。

ただし、プレイガイドや購入方法によって払い戻し方法が異なってきますのでご自分がチケットを購入されたプレイガイドの払い戻し方法をよく確認しましょう。

また、払い戻しの受付期間も明確に決められていますので、中止が決定したら早めに払い戻しの手続きを取られることをお勧めします。

スポンサーリンク