2017年7月スタートのテレビ朝日木曜ドラマ「黒革の手帖」のロケ地やキャストと相関図、そしてあらすじを紹介します。

松本清張作品の不朽の名作「黒革の手帖」。

2017年のはドラマ「黒革の手帖」はどんなキャスト陣なのか?

現在明らかになっている情報をお届けします!

放送開始に向けて随時情報を更新していきますのでお楽しみに!!

黒革の手帖のあらすじ

派遣社員として銀行に勤めながら、夜はホステスとして『燭台』で働き、親の借金を返済する原口元子。

派遣切りにあった元子は、違法の借名口座から次々と自分の口座に送金し、1億8千万円もの大金を横領する。

その大金と借名口座のリストが記された『黒革の手帖』を武器に銀行と交渉し、欲望が渦巻く街、銀座に自身のクラブ『カルネ』をオープンさせる。

夜の街・銀座で、派遣社員から銀座のママへと転身を遂げた元子。

『燭台』時代にママ・叡子の元で学び、ママになってからも「お勉強させていただきます」を決めゼリフに、腰が低く勉強熱心なママとして上客を掴んでいき、銀座で最年少のママとして夜の世界でのしあがっていく。

黒革の手帖の相関図

公式サイトや原作の情報からキャスト相関図を作成しました。(下図)

武井咲さん演じる原口元子を中心とした、様々な男女の愛憎と欲が蠢く複雑な相関図ですね。

人間関係のスケールの大きな絡み合いがドラマでどう展開していくのか?

今から楽しみです!

黒革の手帖のキャスト

黒革の手帖2017年版のキャストを紹介していきます。

原口元子(はらぐち・もとこ)/武井咲

東林銀行で派遣社員として働いているが父の死後に母が背負った借金を相続し、借金返済のために銀座のクラブ『燭台』でホステスとしても働いている。

借金を返済後、派遣切りにあった銀行で違法な口座から金を横領し、その金で銀座の一等地にクラブ『カルネ』をオープンさせる。夜の世界でのし上がっていく最強悪女。


2006年、第11回全日本国民的美少女コンテストに応募し、モデル部門賞とマルチメディア賞をダブル受賞した武井咲さん。

瞬く間に国民的アイドルとなりました。

数多くのドラマ、映画CM等に出演していますが、今回の役どころは銀座の最年少ママという今までにない悪女の役どころという事で、目が離せません。

安島富夫/江口洋介

衆議院議員秘書。

政治家になるという夢を実現させるため、国有地払い下げの窓口、進学・就職の斡旋、愛人との密会の手配、スキャンダルのもみ消しなどの“汚れ仕事”にも懸命に奔走し、現在の立場を築いた。

女は利用するもの、と割り切っていたが元子との出会いでその価値観が崩れ始める。


1987年に映画『湘南爆走族』で同姓同名の暴走族のリーダー役から俳優としてのキャリアをスタートさせた江口洋介さん。

その後、「一つ屋根の下」や「救命病棟24時」などドラマの主人公ととして大ヒットを飛ばし続けてきました。

若者のカリスマだった江口洋介さんも最近では渋目のおじさまの役が多くなってきましたね。

今回が一癖も二癖もある政治家秘書役ということで、カッコイイだけではない、裏表のある演技に期待です!

山田波子/仲里依紗

元子とともに東林銀行世田谷北支店で派遣社員として勤務。

派遣の仕事を失い、元子に誘われホステスになると、男を手玉に取って儲ける術を覚えて豹変。

一気に人気ホステスへと成長し、やがて元子のライバルとなっていく。


私生活では中尾明慶さんと結婚されていて一児の母である中里依紗さん。

2017年春のドラマ「あなたのことはそれほど」では、夫の不倫を知りつつも知らないふりをしゲスな夫を掌握する賢い妻の役を演じていましたが、「黒革の手帖」では一転して主人公・元このライバルホステス役ですね。

ですが、男を手玉にとるというところは一緒かも。

村井 亨/滝藤賢一

元子が働く東林銀行世田谷北支店の次長


仲代達矢さん主宰の俳優養成所「無名塾」から俳優としてのキャリアをスタートさせた滝藤賢一さん。

2008年の映画『クライマーズ・ハイ』に出演したことから注目を集め、今やテレビドラマや映画に欠かせない名脇役となりました。

2017年春のドラマ「貴族探偵」では貴族探偵の運転手・佐藤役として名推理を披露しましたね。

牧野/和田正人

元子が通う銀座の美容室の“オネエ”店長。


若手男性俳優集団D-BOYSの最年長メンバーである和田正人。

最近では、KAT-TUNの中丸雄一さんが主演を勤めた深夜ドラマ「マッサージ探偵ジョー」に出演するなど活躍の場が広がってきています。

島崎すみ江/内藤理沙

料亭『梅村』の仲居。のちにホステスになる。


アイドルグループ「美少女クラブ31」のメンバーである内藤理沙さん。

最近では女優としてテレビドラマに力が入っているようで、2017年春ドラマでは「女囚セブン」の女囚の一人・立原桐子役で活躍されていました。

橋田常雄/高嶋政伸

大手予備校『上星ゼミナール』の理事長。子息を医者にしたい親と大学病院の間で暗躍し、裏口入学で得た巨額の利益を借名口座に預金している。


 
言わずと知れた高島ファミリーの一員である高嶋政伸さん。

颯爽とした人間味のある警察署長から、「天才バカボン」の本官役まで幅広くこなす、日本のドラマシーンに欠かせない名優です。

岩村叡子/真矢ミキ

元子が最初に夜の世界に足を踏み入れ、働いたクラブ『燭台』のママ。銀座のルールとモラルを守る古き良き昭和のホステス。


宝塚花組トップの男役だった真矢ミキさん。

宝塚引退後は、映画やドラマのハンサムウーマン役として欠かせない存在です。

中岡市子/高畑淳子

楢林クリニックの看護師長で院長である楢林の愛人。

クリニックがまだ下町のイチ皮膚科だったときから楢林を支え、今の地位まで押し上げた影の立役者。

院長を愛し、病院を愛し、ひたすら尽くしてきたが、ある時思いもかけぬ裏切りに遭う。


息子さんのトラブルでしばらく表舞台から遠ざかっていた高畑淳子さん。

物語の鍵を握る愛人役の演技に期待です!

楢林謙治/奥田瑛二

楢林クリニック院長。

コツコツ勉強して医者になり、コツコツ裏金を貯めて成り上がった。

小さな皮膚科から市子と二人三脚で病院を大きくし、念願の新病院建設まであと一歩というところで転落が始まる。


渋いおじさま役をやらせたらやはり奥田瑛二さんにかなう人はなかなかいません。

ドラマでの転落人生ぶりに注目です!

長谷川庄治/伊東四朗

政財界のフィクサー。

安島の父親代わりの後援者。楢林の新病院建設予定地の口利き役でもある。


伊東四朗さんが元々は「てんぷくトリオ」というグループでコントをしていた芸人であることを知らない人も多いのではないでしょうか?

日本の良き父親の代表のようなイメージの伊東四朗さんが演じる政財界のフィクサー役がどうなるのか楽しみです!

黒革の手帖2017年版の見どころと2004年版との比較

1978~80年に『週刊新潮』に連載され単行本が刊行された後、1982年、2004年と連続ドラマ化され高視聴率を獲得している『黒革の手帖』ですが、今回は武井咲さんの主演という事でどのようなアレンジがされていくのか気になりますね。

 
武井咲さんは、清楚で柔らかい雰囲気のイメージがある女優さんなので見た目からは想像できないような芯の強い女性が描かれるのではないでしょうか。

ちなみに、2004年に「黒革の手帖」がドラマ化されたときの主演は米倉涼子さんでした。

米倉さんは武井さんに比べると強い女性のイメージがあり、原口元子の人物像に近い部分がありますね。

 
武井さんは「黒革の手帖」公式サイトで「みなさんが抱く私のイメージも変わっていくかもしれませんが、その変化も怖くない、むしろそうならなくてはいけない」とコメントしています。

すでに原口元子の強さを身につけいているような発言ですね。

女優として成長する武井咲さんの姿が楽しみです。

ますます女性の活躍が広がる現代の社会ですが、まだまだ根強く残る“男社会”など、現代が抱えるタブーにも切り込んでいくとのことで、2017年度版「黒革の手帖」は期待大です!

最後に

2017年7月スタートのテレビ朝日木曜ドラマ「黒革の手帖」のあらすじや相関図とキャスト情報を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

気になる他のキャスト陣の発表も楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。