紀平梨花選手がやりました!
24日のフィギュアスケートのジュニアグランプリシリーズ第5戦スロベニア大会、女子フリーでショートプログラム2位の紀平梨花選手が逆転優勝し、12月のジュニアGPファイナル進出を決めました。

史上7人目の成功者となる大技トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を見事に成功させ、2位の本田真凛選手を抑えて見事に優勝です。おめでとうございます!

こんなすごい選手を育てたコーチ振付師が気になって調べてみました!

[adsense]

紀平梨花選手のプロフィール

みなさんご存知かもしれませんが簡単なプロフィールを。

紀平梨花(きひら りか)
2002年7月21日生まれ (14歳)
出身地:兵庫県西宮市
身長:149cm
所属:関西大学KFSC
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞
2016年の目標:プログラム(国際試合、国内試合)でトリプルアクセルをおりる。
(見事目標達成ですね。本当におめでとうございます!!)

ご家族は、ご両親とお姉さんがいらしゃるようです。
スケートはお姉さんの影響で5歳の時にはじめたとか。

紀平梨花選手の最強コーチ陣

現在のコーチは濱田美栄コーチです。

濱田コーチは関西大学を拠点に多数の有名選手のコーチをされています。
紀平梨花選手の最大のライバル 本田真凛選手も濱田コーチの門下生です。
また、NHK杯優勝の宮原知子選手、世界ジュニア4位に入った白岩優奈選手も濱田コーチの指導を受けています。

濱田コーチとタッグを組むのは田村岳斗コーチです。

田村コーチは長野オリンピックで日本代表となった名選手ですが、どちらかというとイケメンスケーターということで有名ですね。
これから教え子たちが活躍して、イケメンコーチのテレビでの露出が増えるかもしれません。
女性ファンのみなさんご期待ください!

さらにもう一人。キャシー・リードコーチはアメリカ出身の元アイスダンス選手です。

2010年バンクーバーオリンピック、2014年ソチオリンピック日本代表。全日本フィギュアスケート選手権優勝7回とものすごい実績ですね!
クリスリード選手と兄弟でパートナーを組んでいました。

紀平梨花選手の振付師

紀平梨花選手の振付師は、2人ほどいるようです。

ジェフリー・バトル振付師はカナダの元フィギュアスケート選手です。

2006年トリノオリンピック男子シングル銅メダリスト。2008年世界選手権優勝と輝かしい実績の持ち主。パトリック・チャン選手や羽生結弦選手の振付も務めているすごい人です。
余談ですが、この方はゲイであることをカイングアウトされていて、2014年2月にパートナーの男性と結婚されています。

トム・ディクソン振付師はアメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元フィギュアスケート選手です。

宮原知子選手や本田真凜選手にも振付されています。奥様はスウェーデン出身の元フィギュアスケート選手で1984年のサラエボオリンピックのシングルで20位の成績を収めています。奥様の現在はフィギュアのコーチ兼振付師をされているそうです。

[adsense]

まとめ

いかがでしょうか?
紀平梨花選手のジュニアグランプリ優勝のすごいコーチ陣と振付師に支えられてのことなのですね。もちろん紀平梨花選手本人の努力も凄まじいものがあるのだと思います。
また、同じコーチの下で切磋琢磨する本田真凛選手というライバルの存在も大きいとおもいます。
次世代フィギュアスケート界のスター達のさらなる活躍が楽しみです!!

以上、トシでした。

スポンサーリンク