macOS Sierraから導入された新機能に「iCloud Drive」があります。

便利な機能ですが、iCloudの容量がすぐにいっぱいになってしまい、iPhoneやiPadのバックアップができずに困りました。

iCloudの容量を有料で拡張してまで、macのデスクトップや書類フォルダをiCloudに保存する必要性を感じなかったので、iCloud Driveをオフにして、デスクトップや書類を元どおりに戻したのですが、意外に手こずったので方法を残しておきます。

スポンサーリンク

復元手順

macのシステム環境設定からiCloudを選択して開きます。

iCloud Driveのチェックを外します。

ポップアップ画面の”コピーを残す”を押す。

下の画面がポップアップするので、消えるまで待つ。
ポップアップ画面が消えたら、iCloud画面を閉じる。

Macintosh HD>ユーザー>(ユーザー名)に”iCloud Drive(アーカイブ)“フォルダが出来ています。

“iCloud Drive(アーカイブ)”フォルダの中に”デスクトップ”フォルダと”書類“フォルダがあり、この中にファイルがコピーされています。フォルダ内のファイルをmacの”デスクトップ”フォルダと”書類”フォルダに移動すれば、mac側の復元は完了です。

スポンサーリンク

次はiCloud Drive側の処理です。
ブラウザからiCloudにログインして、iCloud Driveをクリック。

iCloud Drive内にあるデスクトップと書類の各フォルダにファイルが保存されているので、各フォルダを選択して削除します。

フォルダが削除され、iCloud Driveの容量に空きが出ました。
これで作業完了です。

まとめ

ポイントは二つです。

  1. mac側での設定や操作一発で、macのデスクトップや書類は元には戻らない。コピーされたフォルダから手動でファイルを戻す必要がある。
  2. iCloud Driveには必ずファイルが残されるので、iCloud Driveにログインして不要になったファイルを削除しないとiCloud Driveの使用可能容量は増えない。

少し面倒ですが、かならずファイルがクラウド上に残るシステム思想になっているようです。

スポンサーリンク