歌舞伎役者で俳優の中村獅童さん(44)が、初期の肺腺がんであることを公表しました。

中村獅童さんを襲った肺腺がんとはどのようながんなのでしょうか?

また、中村獅童さんの肺腺がんのステージや病状、そして気になる復帰時期についても調べてみました。

スポンサーリンク

中村獅童さんの肺腺がんに関する報道内容

報道内容を引用します。

 歌舞伎俳優の中村獅童(44)が初期の肺腺がんを患っていることが18日、分かった。定期的な健康診断で診断され、入院し手術を受ける。

 出演を予定していた博多座「六月博多座大歌舞伎」、歌舞伎座「七月大歌舞伎」は休演する。
スポニチアネックス

ということで中村獅童さんの状況は、

  • 初期の肺腺がんである。
  • 6月と7月の歌舞伎公演は救援する。
  • ということがわかります。

    肺腺がんとは?

    こちらの専門サイトを参考にして、肺腺がんとはどのようながんなのかを簡単にまとめてみました。

    肺腺がんの発生率

    肺腺がんは、肺がんの60%程度を占めていると言われているタイプのがんです。

    発生率は、男性の肺がんの場合は約40%、女性の場合は約70%と肺がんのなかでは高い割合になっています。

    肺腺がんの特徴

    肺腺がんは肺がんの中でも「非小細胞肺がん」の一種で、喫煙との因果関係が薄いという特徴があります。

    また、通常のX線検査で発見しやすい傾向にあります。

    肺腺がんの症状

    早期の肺腺がんの場合は、咳や胸の痛みなどもほとんどないため、定期的ながん検診や健康診断などで偶然見つかるケースが多いそうです。

    今回の中村獅童さんの場合がまさしく好例ですね。

     
    がんの進行に伴って、肺がんに共通してみられる長期間の空咳、血痰、喘鳴(ぜいめい)、胸の痛みなどがみられたり、胸水が溜まるといったケースも多いです。

    また、病状が進むとリンパ節への転移や遠隔転移が起きやすいため、身体全体に酷い倦怠感や激痛を感じることもあります。

    スポンサーリンク

    中村獅童さんの肺腺がんのステージや病状は?

    中村獅童さんが公開した直筆の手紙によると、

    定期てきに受けている人間ドックで肺腺がんが見つかった。
    見つかったのが奇跡と言われるほどの早期発見であり、完治するとの医師の診断結果。

    ということで、ステージや詳しい病状の記載はないものの、完治が間違いないほどの早期でのは発見だったようです。

    不幸中の幸いでなによりです!

    肺がんのステージについてはこちらのサイトが詳しいですが、「見つかったことが奇跡」と言われるほど小さいがんということで、ステージとしてはⅠa期とみて間違い無いでしょう。

    中村獅童さんの復帰はいつ頃か?

    早期の肺腺がんの治療方法は外科的手術か放射線治療が選択されます。

    ただし、比較的放射線治療の効果が出にくいタイプのがんということで、手術が肺腺がん治療の第一選択肢となることが多いようです。

    肺がんの標準的手術を行った術後入院期間平均は10日前後です。

    また、国立がん研究センターによれば、これまでの仕事や生活リズムにもよりますが、一般には退院して2週間後ぐらいにはこれまでの生活に戻ることが可能だそうです。

    中村獅童さんは6月〜7月と公演をお休みされるということで、休養の期間としては妥当なところかな、という感じですね。

    まとめ

    中村獅童さんを襲った肺腺がんについてしらべてみました。

    また、中村獅童の場合のステージや病状と復帰時期をよそうしてみましたがいかがでしょうか?

    比較的多いタイプのがんで、早期発見ということで、よほどのことがなければ完治するであろうと思われますが、おそらくこれまでまともな休みもなく働き続けてきた中村獅童さんには、良い骨休めの期間ができたと前向きに捉えて、じっくりと静養して、また元気な姿を見せてもらいたいものですね!

    スポンサーリンク