2017年4月スタートの日本テレビ水曜ドラマ「母になる」の子役の西原繭(まゆ)役として出演している藤澤遥ちゃんが可愛いと話題になっています。

この記事では、そんな西原繭(まゆ)役で注目度急上昇中の藤澤遥ちゃんの年齢や学校などのプロフィールをwiki風にまとめました。
さらに、ドラマ「母になる」に出演するまでの芸能活動歴・出演歴と演技力の評判も調べてみました!

スポンサーリンク

藤澤遥ちゃんのWiki風プロフィール

藤澤遥ちゃんのプロフィールをWIki風に紹介します。

【名前】藤澤遥(ふじさわはるか)

【出身地】東京都

【生年月日】2005年3月20日

【年齢】11歳(小学校5年生)

【身長】135cm

【足のサイズ】22cm

2005年生まれということで、2017年3月現在、年齢11歳の小学校5年生です。

ドラマ「母になる」の放送が始まる2017年4月からは小学校6年生ですね。

 
所属事務所公表の身長は135cmです。

11歳11ヶ月女子の平均身長が149.2cmですから、事務所の公表値がもし正しければ藤澤遥ちゃん身長は平均よりもかなり小柄ですね。

子役の子供さんは平均より小柄な子が多いのですが、その中でもだいぶ小さい方かもしれません。

でも、顔が大人っぽいのと、すらりとした体型であまり身長が低くは見えませんね。

下の写真は、2017年夏ドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂日菜子」で藤澤遥ちゃんのお母さん役で共演した奥貫薫さんと並んだ写真です。

奥貫薫さんの公表されている身長が157cmです。それと比べるとかなりの身長差がありますね。

奥貫薫さんはおそらくヒールを履いているでしょうからその分を差し引いても20cmぐらいの身長差はありそうです。ですので、事務所の公表身長135cmは妥当かもしれません。

年齢的に小学校高学年の女子は身長がどんどん伸びる時期ですから、2017年の夏から半年ほど経過した今は135cmよりももっと身長が高くなっていることでしょうね。

 
【小学校】

藤澤遥ちゃんの小学校を調査してみましたが、予想通り情報はありませんでした。

最近、小さな子供が巻き込まれる事件が多かったり、学校にファンが押し寄せることで、子役さんがいじめられたりする事例が結構あるようなので、事務所やご両親も個人情報の保護には気を使われていることでしょう。

 
藤澤遥ちゃんの出身地は東京なので、地元の小学校に通いながらお仕事をしている可能性も高いですが、事務所近くの芸能のお仕事に理解のある学校に通っている可能性もあります。

そこで東京で子役さんが多いと有名な学校を紹介してみたいと思います。

 

青山学院初等部
有名な私立小学校です。
歌舞伎などで活躍している子役が多く通っています。

慶應義塾幼稚舎
有名な慶應大学につながる超名門私立小学校で、基本的に芸能活動に寛容な小学校です。

成城学園
有名な私立小学校です。
世田谷区には芸能人とその子供さんが多く住んでいるため子供の芸能活動にも理解があるようです。

藤澤遥ちゃんの所属事務所の「アミューズ」のオフィスが渋谷駅のすぐ近くなので、青山学院初等部ならお仕事と学業の両立ができそうですね。

 

【趣味】ゲーム

【特技】クライミング(ボルダリング)、水泳

特技がボルダリングというのが今時の年齢の子らしくてステキです!

ボルダリングというのは、岩壁を模した室内の人工の壁をよじ登っていくスポーツです。

2020年の東京オリンピックの正式種目に決定したこともあり、最近はテレビなどでも頻繁に取り上げられていますね。

 

ボルダリングというと、いかにも筋肉ムキムキの人がやるスポーツのイメージがあって、

「体の細い藤澤遥ちゃんができるの?」

なんて心配される方もいるかもしれませんが、実はボルダリングって筋力よりも体のバランスや使い方の方が重要なんです。

そんなボルダリングを趣味にする藤澤遥ちゃんは、きっと素晴らしく運動神経がいいのではないかと思います!

スポンサーリンク

藤澤遥ちゃんの出演歴

2017年春ドラマ「母になる」に西原繭役で出演するまでの藤澤遥ちゃんの出演歴を紹介します。

CM

2016年4月 味の素 うま味調味料「味の素」 「発酵の力」篇

ドラマ

2016年4〜6月NHK「トットてれび」黒柳徹子(小学生時代)役

 

2016年7〜9月関西テレビ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」
藤堂比奈子(幼少期)役

 

2016年10〜12月関西テレビ「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」
橘真央 役


こうやって出演歴を整理していて改めて気がついたのですが、藤澤遥ちゃんの芸歴って2016年から突然始まっている感じなんですよね。

多くの子役さんは、赤ちゃんや幼児の頃から、雑誌の写真モデルなどの小さな役で下積みをこなしてきて、ようやくドラマなどの大きな役を掴む子がほとんどなのですが、藤澤遥ちゃんの場合は、「彗星の如く」という形容詞がまさにぴったりです。

そして、2016年はCMから始まって1年間出ずっぱりでしたね。

以下に子役として素晴らしい素質を持っているかがよくわかります!

藤澤遥ちゃんの演技力は?

気になる藤澤遥ちゃんの演技力はどうなのでしょうか?

ネットの評判を拾ってみました。

 

藤澤遥ちゃんの演技力については、当然ですが賛否両論あります。

セリフが棒読みという意見もありますが、オーラというか存在感がすごいみたいですね。

俳優さんの中には、セリフまわしはあまり得意ではないけれども、存在感でスーパースターに上り詰めた人も多いです。

例えば、高倉健さんとか。

藤澤遥ちゃんはこれからどんどん演技力が上がっていくでしょうし、持って生まれたスターのオーラを発揮して、頑張っていって欲しいですね!

まとめ

2017年春ドラマ『母になる』で子役・西原繭役を演じている藤澤遥ちゃんの年齢や学校などのプロフィールをWiki風にまとめました。

また、これまでの出演作と演技力の評判もまとめてみました。

2016年、彗星のように突然に子役界に現れた感じのある藤澤遥ちゃんですが、昨年の活躍ぶりとドラマやCMでの存在感を見ると将来のスーパースターは間違いなしですね。

年齢的にまだまだ伸び盛りの藤澤遥ちゃんの今後のさらなる躍進が楽しみでなりません!

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク