長谷川博己さんが主演する2017年4月スタートの日曜劇場「小さな巨人」は、謎解きを重視し従来の警察ドラマとは一線を画した、今までにはない“リアルな警察の姿”と“人”を描く「警察エンターテイメント」です。

ドラマ「小さな巨人」では、挫折して所轄に左遷された元エリート刑事と警視庁本庁の野心溢れる若手エリート刑事の対立を通して、警視庁と所轄の確執や警察内部の戦いを克明に描いていきます。

この記事では、ドラマ「小さな巨人」のあらすじとキャストや相関図を紹介します。

スポンサーリンク

小さな巨人のあらすじ

ドラマ「小さな巨人」のあらすじを紹介します。

 

警視庁本庁 VS 所轄
警視庁ノンキャリ最高峰・捜査一課長を目指していた
エリート刑事が味わった挫折――
「警察」という名の巨大組織の中でもがき、
奮闘する男たちの戦いを描くエンターテインメント
大人社会での駆け引き、出世争いの中で
信じられるのは己の信じる正義――
TBS公式サイトより

 
警視庁4万人の現場警察官の頂点に立ち、捜査に関する全権力を掌握する最高の現場指揮官でノンキャリアの最高峰「捜査一課長」

主人公・香坂真一郎(長谷川博己)は、その実力で「未来の捜査一課長間違いなし」と呼ばれていた敏腕刑事だった。

香坂は万年所轄刑事だった父・敦史や妻・美沙のために、そしてもちろん自分のために捜査一課長を目指して邁進してきた。

 
ある日、香坂は、事件解決の祝勝会として前捜査一課長で今は所轄の所長をしている三笠(春風亭昇太)との会食のしていた。どこから聞きつけたのか、現・捜査一課長の小野田(香川照之)もその席に現れる。

会食を終えた香坂は、料亭の前で中小企業社長・中田隆一の飲酒運転を取り調べた際に中田の車を傷つけてしまう。

翌朝、このニュースが「飲酒状態の刑事、車を破損」としてネットで報道されてしまう。

香坂は飲酒をした直後に取り調べをしたのではないかとして調査を受けて黙秘を続けていたが、これまで評価してくれていた小野田が、「香坂は取り調べの直前に飲酒していた」と情報をリークしてしまう。

 
その結果、警察の名誉を傷つけたとして、香坂は所轄への移動を命じられる。

所轄に左遷させられた香坂は、捜査一課時代と同様に捜査をしようとするが、これまで部下であった警視庁捜査一課長付運転担当・山田(岡田将生)に「所轄は後方支援。現場は本庁に任せてください」と釘を刺されてしまう。

香坂のもとに残されたのは、問題だらけの所轄刑事のみ。

しかし所轄刑事たちが、小さな事件でも己の正義を信じて事件に挑む姿を目にした時、香坂は刑事としての使命・本当の正義に悩みつつも、自分の“正義”を信じ、“悪”と対峙していくことになる。

 


ドラマ「小さな巨人」は勧善懲悪型の従来の警察ドラマとは一線を画しています。

主人公の香坂真一郎を始めドラマに登場する警察官たちは、優秀な刑事であることは間違いないのですが、かといって自分の利益は度外視にして、悪を憎み弱気を助ける完全無欠のヒーローとは違います。

彼らは、普通のサラリーマンと同じく、出世や名誉、そして報酬を求める普通の人間たちです。

自分が利益を得るためであれば、同僚の足を引っ張り、捜査の妨害をすることすらあります。

しかし、一方で己が信じる正義は貫こうとします。

 
ドラマ「小さな巨人」は、そんな「利己」と「利他」の間で揺れ動く人間としての警察官が、警視庁という巨大な組織の中で悩み、もがく姿を描いた「人間ドラマ」です。

小さな巨人のキャスト相関図

ドラマ「小さな巨人」の公式サイトで公開されているキャスト相関図を元に見やすいキャスト相関図を作りました。(下図)

まだキャストが公開されていない配役など不明点がたくさんありますが、追加情報が出たらキャスト相関図をどんどん更新していきますのでお楽しみに!

ドラマ「小さな巨人」の各キャストについては次の項目で紹介します。

スポンサーリンク

小さな巨人のキャスト

相関図で紹介したドラマ「小さな巨人」のキャストを紹介していきます。

香坂真一郎/長谷川博己

ドラマ「小さな巨人」の主人公

実力で「未来の捜査一課長」と呼ばれていた元・警視庁捜査一課の刑事。

捜査一課長を目指して邁進してきたが、事件解決の祝勝会の後の飲酒運転取り調べで取り調べた車を傷つけてしまうトラブルを起こしてしまう。

上司の捜査一課長・小野田にはめれられる形で、「職務中の飲酒により警察の名誉を汚した」として所轄に左遷させられる。

 
しかし、所轄の刑事たちが己の正義を信じて事件に挑む姿を見て、刑事としての使命と本当の正義に悩みつつも、自分の“正義”を信じて悪と対峙していく。

 


「エリート街道から谷底に突き落とされた警察官」というかっこいいだけでは務まらない難しいキャストです。

これまで、数々の難役をこなしてきた長谷川博己さんにぴったりとはまります!

山田春彦/岡田将生

警視庁捜査一課の刑事で捜査一課長・小野田の専属運転手

香坂と同じく捜査一課長を目指している。

東京大学法学部卒業の秀才で、父親も警察庁次官から内閣官房副長官という官僚のトップに上り詰めたエリート家系。

しかし、山田はキャリアとして警察庁に入庁することなく、ノンキャリアとして警視庁を選んだ。

その理由は、現場の総指揮官・捜査一課長となり、ある未解決事件の捜査の指揮を取るためである。

そして、最短距離で出世し、自分の理想とする仕事をしたいと考えている。

 


香坂のライバル役で向上心の塊のような男です。

ドラマ序盤では、左遷させられた香坂と対照的に、本庁でうまく立ち回る小ずるい役といった感じですが、ドラマの進展でふたりの関係がどう変わっていくのかが楽しみです。

小野田義信/香川照之

捜査一課長

高卒のノンキャリアから叩き上げで現場の最高指揮官・捜査一課長にまで登りつめた男。

前の捜査一課長・三笠とは対立しているが、三笠のお気に入りであった香坂のことは、優秀な道具と認めて自分の部下に引き入れた。

しかし、小野田の証言により香坂は左遷させられる。

次期捜査一課長のポジションの行方を握る小野田は、己の正義を貫こうとする香坂の最大の敵となっていく。

 


このドラマの最大の悪役です。香川照之の当たり役になりそうな気がしますね!

しかし放送前に公表されている情報では、特に悪に手を染めているわけではないのですが、実はダークな裏側があるような気がして、香川照之さんの憎たらしい演技が楽しみでなりません!

三笠洋平/春風亭昇太

所轄の芝署の署長で前・捜査一課長

自分と同じ警務畑を歩んできた香坂を可愛がっている。

自分と捜査理論が異なる小野田を激しく嫌悪し対立している。

 


香坂の救いとなってくれる人物のようですが、欲望渦巻く人間関係の中で、この人物にも何か裏がありそうですね・・・

渡部久志/安田顕

香川の異動先の所轄の同僚で、現場叩き上げの刑事。

出世に興味がなく単独行動が多い。

自身の正義に対して決して揺るがず、本庁からやってきた香坂と衝突する。

 


現場の代弁者ですね。

組織の力学に左右されずに己の正義を貫く刑事役には安田顕さんの少し影のある感じがぴったりです。

三島祐里/芳根京子

警視庁人事課の新任職員

警察犬のブリーダーに憧れて警視庁に入庁したが、願い叶わず警務部の人事課に配属された。

昇任試験の準備や採点の補助、人事案の整理などの人事の仕事をこなす中で、“優秀な刑事”と“出世をする刑事”とは別物であることや、普段は巨悪に立ち向かう勇猛果敢な警察官たちが人事にも大変な興味を持っていることを知る。

警察内部の人事情報に精通することで、やがてある決意をし、この決意が物語を左右していくことになる。

 


組織の鍵を握る人事課の新任職員ということで、警察官の出世争いや昇進を賭けた足の引っ張り合いにも焦点を当てるドラマ「小さな巨人」の中で、ただ単にかわいいだけではないストーリーに大きく絡む魅力的なヒロインを、NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』で主演を務めた注目の若手女優・芳根京子さんが演じます。楽しみです!

中田和正/桂文枝

日本経済界のトップに立つIT企業ゴーンバンク社の社長

主人公・香坂(長谷川博己)が警視庁から左遷されて芝署にやってくると、中田が誘拐される事件が発生する。

香坂が捜査を進めると、この事件の裏にはあることが隠されていた。

さらに、香坂が左遷させられるキッカケとなった人物である中小企業の社長・隆一は、中田の息子だった。

中田親子が握る真相がドラマの大きな鍵を握っている・・・。

 


主人公の高坂のエリート人生を狂わせる原因となったネット報道をした会社の社長です。

ドラマ全編を通して物語に大きく関わってきそうなキャストですね。

藤倉良一/駿河太郎

警視庁・捜査一課の刑事で香坂の同期

柳沢肇/手塚とおる

警視庁警務部監察官

香坂の不祥事の調査を担当する。

中村俊哉/流星涼

所轄の若手刑事

?/木場勝己

未発表

まとめ

長谷川博己さんが主演する2017年4月スタートのTBS日曜劇場「小さな巨人」のあらすじとキャストや相関図をお届けしました。

挫折した警視庁の元エリート刑事と野心溢れる所轄刑事の対立を通して、描かれる警視庁と所轄の確執や警察内部の戦いを克明に描く「警察エンターテイメント」ということで、警察を純粋なヒーローとして描いたありきたりなドラマとは一線を画する期待作「小さな巨人」の放送が楽しみでなりません!

まだまだ詳細は謎な部分が多いので、今後「小さな巨人」のあらすじやキャスト相関図を随時追記していきます。

最後までお読みくださりありがとうございました!

スポンサーリンク