chemistry%ef%bc%91 伝説の男性デュオCHEMISTRY(ケミストリー)が解散の噂を一蹴して、ついにデュオとして活動再開です!

 男性ボーカルデュオ、CHEMISTRY(ケミストリー)が再始動することが7日、分かった。 12年4月、堂珍嘉邦(38)川畑要(37)がそれぞれソロ活動に専念するため活動を休止。来年2月28日、3月1日に東京国際フォーラムで約5年ぶりとなる単独ライブを行い、2人のハーモニーを再び響かせる。 引用:日刊スポーツ

うお〜〜〜〜!!!! 信じて待ってた甲斐がありました! また堂珍堂珍嘉邦と川畑要の美しくもセクシーなハモりを聞きことができるのですね!! この記事では、そんなCHEMISTRY(ケミストリー)の活動再開ライブの情報や、活動再開に至るまでの経緯をまとめました。 結成から15年も経つと意外と知らない人が多くなった結成秘話についてもまとめてみましたのでよかったら読んでくださいね! スポンサーリンク

CHEMISTRYの二入からの活動再開コメント動画をどうぞ!

相変わらず、ふたりともカッコよくていい声してますね!! 5年前と変わらない素晴らしいハーモニーが聞けそうです!

活動再開ライブの場所と日程は?

上の引用記事にも書いてありますが、活動再開ライブの場所や日程などの情報まとめておきます。

公演情報 CHEMISTRY LIVE 2017 -TWO-
日程 2017/02/28(火)開場:18:00 開演:19:00 2017/03/01(水)開場:18:00 開演:19:00
会場 東京国際フォーラム ホールA
料金 全席指定 7,800円(税込) 未就学児童入場不可
枚数制限 お一人様1公演4枚まで
問い合せ先 H.I.P. 03-3475-9999(月~金 10:00~18:00)
  • チケットぴあ先行受付

    【受付期間】2017/01/06(金)18:00~2017/01/10(火)23:59

  • 一般発売日

    2017/01/28(土)10:00~

chemi_mainphoto

CHEMISTRY(ケミストリー)活動休止と再開の経緯

2001年3月に男性デュオ「CHEMISTRY(ケミストリー)」(意味は化学。二人で化学反応を起こすという意味が込められている)としてデビューしてから、CD売上1800万枚を記録するなど驚異的なヒットで順調にシンガーとしてのキャリアを歩んできた二人でしたが、2012年4月にそれぞれがソロ活動に専念するためにデュオとしての活動を休止しました。 デュオ結成から15周年の節目となる今年2016年に二人の気持ちが自然と活動再開へと傾いて行ったようです。

(堂珍)音楽で飯を食っていく中で、15年ってなかなかできることではない。待ってくれていた人のために、自分たちのためにやっていこうよと思いました。 (川畑)15年という節目が大きかったです。僕らのことを知らない世代も増えてきて、逆にチャンスでもある。また2人で並んだ姿を見せたいと思いました。 引用:日刊スポーツ

一部では、不仲説、解散説などもささやかれていたようですが、それぞれの原点であるソロ活動に専念しながらも、CHEMISTRY(ケミストリー)としての活動再開への情熱は消えておらず、デビュー15周年が良い起爆剤になったようですね。 スポンサーリンク 2012年4月に一度活動を休止した時の心境を二人はこう語っています。

(堂珍)当時は2人でやれることはやりきったと。ソロとしても挑戦したかった。自分の中で血の入れ替えが必要だと思っていました。 (川畑)2人で活動していく中で得るものも失うものもあった。でも解散するつもりはなかったです。 引用:日刊スポーツ デュオ活動休止期間も2人の間に交流はあったそうです。 (堂珍)SNSも見ていましたし、CDを送りあったり、刺激になっていました。 (川畑)ライブや舞台も観に行ったよね。お互い充実していたし、僕らは良いタイミングでソロも活動できただと思います。 引用:日刊スポーツ

2014年の正月に堂珍が川畑にメールで活動再開への思いをメールし、活動再開に向けて動き出したそうです。 活動再開への準備は極秘だったようで。「周りにバレないように(笑)」(川畑)進めてきたとか。 単独ライブ以降、楽曲の作成にも取り組んでいくそうです。 そんなCHEMISTRY(ケミストリー)の2人ですが、ソロ活動の期間は今後の活動にどう影響するのでしょうか?

(堂珍)ソロ活動を通じて、休止前より自然体になれた。僕らはまっすぐに歌うことが得意だと思うので、そこを再認識していただければ。フットワーク軽くやっていきたいです。 (川畑)声を重ねたり、隣で相方の声を聞いてドキッとするのが楽しみ。歌に対しる思いや深さは、前よりも生かせる。2人あってのケミストリー。やりたくて始めるので、その気持ちだけでも感じもらえればと思います。 引用:日刊スポーツ

ソロ活動をくぐり抜けて、ひとまわりもふた回りも大きくなったケミストリーの2人に出会うことができそうですね! 2月と3月の単独ライブが楽しみです!! chemistry

ネットの声

ネット上でもCHEMISTRY(ケミストリー)の活動再開を喜ぶ声に溢れていますね! 最近の音楽シーンでCHEMISTRY(ケミストリー)ほど純粋に歌を聴かせてくれる男性ボーカリストっていなかったので、本当に嬉しいし、楽しみです!

CHEMISTRY(ケミストリー)誕生秘話

堂珍と川畑の2人は1999年8月にテレビ番組『ASAYAN』の企画「男子ボーカリストオーディション」にそれぞれが応募し、最終選考まで進出。 オーディション最終選考の結果、個々の表現力と潜在能力の高さは勿論のこと、2人が一緒になったときの化学反応(ユニット名「CHEMISTRY」の発端)の素晴らしさから、この川畑・堂珍デュオが選ばれています。 この時のオーディションは、その後の大物が結構出演していました。

EXILEのATSUSHIやNESMITHがその代表格ですね。

当時はCHEMISTRYが一歩抜きん出てデビューまでこぎつけたんですが、その後、実績ではEXILEにごぼう抜きされた感じになっていたので、ケミストリーの2人も悔しい思いをしていたのではないかと思います。

今回の活動再開で、彼らを見返すような大活躍を期待したいですね!

最後に

いかがでしたでしょうか?

日本が世界に誇れる男性デュオ CHEMISTRYの活動再開は本当に嬉しいニュースですね!

最近、なんとなく停滞した空気を感じていた日本の音楽シーンにガツンと衝撃を与えて欲しいと思います!!

スポンサーリンク