2017年7月スタートの木曜ドラマ「セシルのもくろみ」のキャストや登場人物と相関図、そしてあらすじを紹介します。

多くの女性から共感を呼ぶ唯川恵さんの小説がドラマ化!

女性同士の嫉妬、野心、友情など、女性なら誰でも持っている感情がぶつかり合います。

キャストも多くの女性に支持を集める女優さんが勢ぞろいです!

スポンサーリンク

♦セシルのもくろみのあらすじ

宮地奈央は金型仕上げ工の夫と中学1年生の息子との3人で暮らす平凡な主婦。

自分を着飾ることに興味がなく、息子に少しでも多くご飯を食べさせることや、パート先の惣菜屋のお手製ポテトサラダが人気なこと日常のささやかな事が自分の幸せだと満足している。

奈央はある日、これまで読んだこともなかった人気女性ファッション誌『ヴァニティ』の編集デスクに読者モデルとしてスカウトされ、平凡な活が一変。

タッグを組むことになったファッションライターや、トップモデルらと接していくうち、それまで感じたことがなかった新たな価値観を見つけていくことに。

だが、裏には嫉妬や見栄、競争などオンナの世界が待っていた。


冒頭でも述べましたが、「セシルのもくろみ」は唯川恵さんの小説が原作となっています。

 
セシルのもくろみを一言で現すと、現代のシンデレラストーリーです。

平凡な主婦が、ある日突然憧れのファッション業界に入れるなんて、話だけを聞くと夢のようですね。

ですが、華やかな世界の裏には、平凡な生活より厳しい現実があるのだと思います。

女社会の中で奈央がどのように変わっていくのか楽しみですね。

♦セシルのもくろみの登場人物相関図

公式サイトや原作小説の情報から登場人物の相関図を作成しました。

夫と息子がまつ家庭と、きらびやかながら女同士の熾烈な争いが巻き起こるファッション雑誌の世界との狭間で、その両立に悩みながらもモデルの世界に調整んしていく奈央の活躍が楽しみな相関図です!

スポンサーリンク

♦セシルのもくろみの登場人物とキャスト

宮地奈央/真木よう子

夫と中学1年生の息子と暮らす主婦。惣菜屋でパートをしているが、人気女性ファッション誌「ヴァニティ」の編集デスクに読者モデルとしてスカウトされる。


2001年に映画デビューした真木よう子さんは「無名塾」出身だそうです。

数多くの映画・TVドラマに出演していますが、2013年公開の主演映画「さよなら渓谷」が第35回モスクワ国際映画祭審査員特別賞を受賞、さらに「そして父になる」が第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞するなど世界でも評価されています。

本当に素晴らしい女優さんです!

男兄弟の中で育ってきたとのことで、普段から自分の事を男らしいと語っているようですが、セシルのもくろみで描かれる女性社会では違った一面を見せてくれるでしょう!

浜口由華子/吉瀬美智子

カリスマモデル“ハマユカ” 浜口由華子はファッション誌「ヴァニティ」のカバーモデル。

“幸せに見え続けること”を使命として女性が欲しがる美しさ、色気など女性らしさをすべて持っている。


カリスマモデル役の吉瀬美智子さんは、役柄と同じくファッション誌「Domani」の専属モデルとして活躍しましたね。2007年に女優デビューし、「のだめカンタービレ」など人気ドラマに出演しました。

最近のヒット作2014年の「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」で不倫妻を演じ、ますます注目の女優さんです。

経歴も見た目も本当に女性らしい吉瀬美智子さんですが、誰もが憧れる女性の知らざれる心の葛藤をどのように演じるのでしょうか。

黒沢洵子/板谷由夏

「ヴァニティ」の編集部デスク。いつも冷静で策略的な性格。

奈央を、読者モデルにスカウトする。


近作でもファッション誌の鬼編集長を演じた板谷由夏さん。ファッション業界がぴったりなイメージですね。
女優、モデル、ニュース番組のキャスターなど様々なジャンルで活躍しています。

沖田江里/伊藤歩

ファッションブランドのPRをしていたが、職を失い転職した、ファッションライター。

読者モデルに抜擢された奈央とバディを組みながら、理想と現実のギャップと闘う。


子供のころから雑誌モデルとして活躍していた伊藤歩さん。1993年に女優デビューを果たし、第20回日本アカデミー賞新人俳優賞・優秀助演女優賞を受賞するなど演技力も高い評価を受けていますね。

近年では吉瀬美智子さんと同じく「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」に出演するなど活躍しています。

「セシルのもくろみ」ではファッションライターということで、正に女性の理想と現実を描く重要な役どころとなりそうです。

安永舞子/長谷川京子

テレのコメンテーターとして活躍している「ヴァニティ」の元No.2モデル。

キツイ物言いが特徴。


“ハセキョー”のニックネームで知られる長谷川京子さんもモデル出身ですね。「CanCam」など人気ファッション誌の専属モデルを務め人気となりました。

2000年に女優デビュー。

結婚後は一時テレビなどで見かけることが少なくなっていましたが、最近はドラマなどに出演するなど今後の活動も気になりますね。

山上航平/金子ノブアキ

女性ファッション誌『ヴァニティ』の専属カメラマン


金子ノブアキさんは1981年6月5日生まれ。

人気ロックバンドRIZEのドラマーとしてだけでなく、そのクールでセクシーなルックスと独自の存在感で俳優としても活躍しています。

最近では、『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の終盤で “最強の敵”を演じ、そのダークな魅力が爆発していましたね。

ドラマ「セシルのもくろみ」では、イケメンで乗せ上手にしてプロ意識の高いモテ男役を演じます。

安原トモ/徳井義実

主人公・奈央の良き理解者であるジェンダーレス”のカリスマヘアメーク。

奈央にとって絶対的な味方であり、現場で絶大な信頼を寄せる特殊な存在。

常に冷静沈着でソフトな語り口、スマートなルックスでオシャレに決めている。


徳井義実さんは1975年4月16日生まれ。

お笑いコンビ・チュートリアルのボケ担当として2006年M-1グランプリでは王者の座に輝いています。

最近ではピンでの活動も多く、そのイケメンぶりと多彩な演技力からドラマにも引っ張りだこですね。

2014年のTBSドラマのヒット作「Nのために」の印象が強い方も多いのでは?

ドラマ「セシルのもくろみ」では、ジェンダーレスのカリスマヘアメイクという、普通のイケメン俳優では難しい役どころが楽しみです!

スポンサーリンク

南城彰/リリー・フランキー

女性ファッション誌『ヴァニティ』の編集長。

多くのファッション誌を成功に導いてきた温厚な敏腕編集者。


リリー・フランキーさんは1963年11月4日生まれ。

イラストレーター、作家、俳優など様々な肩書を持つマルチタレントとして大活躍中です。

最近では映画「聖の青春」で、主人公の村山聖(松山ケンイチ)のが師匠役が、自然体の演技で印象的です。

ドラマ「セシルのもくろみ」では、敏腕編集長というかっこいい渋いおじさまの役で、まさにリリー・フランキーさんにうってつけです。

小池雅美/小野ゆり子

『ヴァニティ』の編集部員

石田信也/眞島秀和

『ヴァニティ』の副編集長

南城編集長の言動に右往左往する。

平井早紀/石橋けい

セレブ主婦ライター

登坂千絵/伊藤修子

安原と共に主人公を支えるスタイリスト

坂下葵/佐藤江梨子

奈央の同期で“美脚美人”な新人主婦モデル

小田萌子/藤澤恵麻

“セレブ風美人”な読者モデル

宮地伸行/宇野祥平

奈央の夫。

普通のサラリーマンでエンジニアをしている。

宮地宏樹/佐藤瑠生亮

奈央の一人息子で中学生。

森 泰生/加藤雅人

奈央と学生時代からの地元の友達

最後に

2017年7月スタートの木曜ドラマ「セシルのもくろみ」のあらすじや登場人物と相関図、キャスト情報を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

何と言っても華やかなキャストが勢ぞろいな所も見どころの一つです!

あらすじを読んでいくだけでも、女性なら共感する部分が多いのではないでしょうか?

現代は、キャリアウーマン、専業主婦、シングルマザーなど様々な女性たちが生きる社会です。

ひとりひとり感性が違って、幸せにみられたいかというのは、何を幸せに感じているかによって大きく変わると思います。

セシルのもくろみは女性社会の中で強く生き抜けるヒントになってくれるかもしれませんね!

 
<関連記事>
セシルのもくろみの原作あらすじネタバレ!最終回の結末を予想20

セシルのもくろみのロケ地情報!マップとアクセス方法も

セシルとは何か?もくろみの意味などドラマタイトルを調べてみた

読者モデルになる方法や収入を調査!オーディションや給料の実態は?

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク