西島秀俊さんと吉瀬美智子さん主演2017年6月スタートのNHKドラマ10「ブランケット・キャッツ」のあらすじとキャスト情報や相関図とロケ地を紹介します。

2017年4月現在ではまだ情報が少ないですが、放送開始に向けてどんどん情報を更新していきますのでお楽しみに!

スポンサーリンク

ブランケットキャッツの相関図

現時点ではブランケットキャッツの相関関係に関する情報はありません。

今後、情報が公開されましたら、相関図を公開・更新していきますのでお楽しみに!

ブランケットキャッツのキャスト

椎名秀亮/西島秀俊

家具の修理店を営んでいる。

幼馴染の藤村美咲とともに、亡き妻が飼っていた猫たちの新しい飼い主を探している。

猫を譲ってほしいという人に、猫が愛用している毛布(ブランケット)と一緒に貸し出すことになる。

藤村美咲/吉瀬美智子

椎名秀亮の幼馴染の獣医師。

秀亮とともに、秀亮の亡き妻が飼っていた猫たちの新しい飼い主を探している。

椎名秀亮の亡き妻/酒井美紀

詳細不明。今後追記していきます。

ヒロミ/蓮佛美沙子

祖母が大好きだった猫の身代わりとなる猫を探している。

椎名秀亮から代わりとなる猫を借りることになる。

そのたの出演者

以下の出演者は役所は不明ですが、キャストされることが発表されています。
キャスト詳細が公表されたら追記していきます。

島崎遥香(ぱるる)

唐田えりか

美保純

スポンサーリンク

ブランケットキャッツのあらすじ

椎名秀亮(西島秀俊)は、家具の修理店を営んでいる。

秀亮は、幼馴染で獣医師の藤村美咲(吉瀬美智子)とともに、亡き妻(酒井美紀)が飼っていた猫たちの新しい飼い主を探していた。

そんな、秀亮の元にヒロミ(蓮佛美沙子)が訪ねてくる。

ヒロミは、祖母が大好きだった猫の身代わりとなる猫を譲って欲しいのであった。

秀亮は、ヒロミの家を下見したうえで猫を、猫の愛用の毛布(ブランケット)と一緒に猫を渡すことにした。

猫との再会に喜ぶ祖母の姿にほっとするヒロミだったが、祖母はヒロミの婚約者に会いたいと言い出す。

困ったヒロミは・・・

ブランケットキャッツ原作小説とドラマの違い

原作小説「ブランケット・キャッツ」では、西島秀俊演じる椎名秀亮に当たる人物は、レンタルペットショップの店長という設定になっています。原作では店長の名前は出てきません。

原作で登場する猫たち「ブランケットキャッツ」は、ペットショップの売れ残りの猫の中で頭の子が、レンタル用の「「ブランケットキャッツ」として訓練されたものとして描写されています。

したがって、椎名秀亮の亡くなった妻という存在は描かれていませんし、幼馴染の獣医師・藤村美咲も登場しません。

また、上で紹介したあらすじは、原作となった短編小説集「ブランケット・キャッツ」の中の『身代わりのブランケット・キャット』という短編が元になっています。

ドラマ「ブランケット・キャッツ」は原作小説をモチーフにしたオリジナルドラマと言えそうです。

ブランケット・キャッツのロケ地

ロケ地1 珈琲亭 ルアン

3月19日に喫茶店でのロケで西島秀俊さんが目撃されています。

同日の島崎遥香さんのツイートの写真から、撮影場所はJR京浜東北線大森駅近くの喫茶店「珈琲亭ルアン」のようです。

【住所】 東京都大田区大森北1-36-2
【アクセス】JR大森駅東口から 徒歩3分

まとめ

西島秀俊さんと吉瀬美智子さん主演2017年6月スタートのNHKドラマ10「ブランケット・キャッツ」のあらすじとキャスト情報や相関図とロケ地を紹介しました。

重松清の人気小説の世界観をベースにした心が温かくも切なくなる極上のドラマが展開されそうです。楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク