窪田正孝さんと北村一輝さんが主演する2017年4月8日スタートのNHK土曜ドラマ「4号警備」は、警察ならぬ民間の警備会社による「身辺警護」=ボディガードの最前線を描く異色の本格ドラマです。

この記事では、ドラマ「4号警備」のあらすじとキャストや相関図を紹介します。

スポンサーリンク

4号警備のあらすじ

民間の警備会社「ガードキーパーズ」の警備員である元警察官の朝比奈(窪田正孝)はある日、「4号警備」の任務を命じられます。

「4号警備」は警備の仕事の中でも特に危険で技術が求められる任務です。

 
朝比奈の相棒に指名された石丸(北村一輝)は臆病者のレッテルを貼られた冴えない中年男性です。

朝比奈と石丸はコンビを組まされたことにお互い文句を言いますが、二人の上司の池山(片岡鶴太郎)には胸に秘めた狙いがあるらしく、意味ありげに笑うばかりです。

 
一方、警備会社の2代目社長・本田(木村多江)は、このコンビ結成がうまくいくのかを疑いの目で見ています。

朝比奈と石丸は度々対立しながらも、目の見えない男性、ブラック企業の社長、市長選に立候補した主婦など、それぞれの事情を抱えた人たちの身辺警護に挑んでいきます。

 
ある日二人はストーカー被害に悩まされている上野(阿部純子)という女性に出会います。

朝比奈、石丸は上野の警護を通して彼女の生き様に触れることによって己の過去にも向き合い、「人を守るって、一体なんだろう?」という疑問に迫っていきます。


定番の刑事モノなど、最近は警察ドラマが花盛りですが、そんな中で、民間の警備会社を舞台にしたドラマは珍しいですね。

警察と違い、犯罪者を逮捕する権利や身を守る拳銃を持たない民間の警備員が、どうやって凶悪な犯罪者からクライアントを守るのか?

警察のように権力を降りかざせないからこそ繰り広げられる人間ドラマが見ものです!

4号警備とは?

警備業務には警備業法第2条の1号から4号に定められた4つの業務区分があります。

その中で「第4号警備業務」は「身辺警備業務」となっています。

警備会社サイトから4号警備の定義を引用します。

一般的には「ボディーガード」と呼ばれている警備業務で、生命または身体、財産に危害を受けるおそれがある人を身辺で警戒し安全と平穏を守ります。
警備対象者をテロ行為等の人的被害からだけではなく、火災・地震・交通事故等による被害からの身辺の安全も視野に入れて警備を行います。
警備対象者をいち早く安全な場所に避難させ、その身辺の安全を確保することを最優先とする極めて防御的性格の強い警備業務です。
最近では、ストーカー、盗聴、痴漢等の被害から身を守ったり、児童の登下校・塾の往復、高齢者・一人暮らしの方の警護等、一般市民の利用者も増えています。
引用:http://okakeikyo.or.jp/keibigyo/keibigyo_4go.html

事件性が低いなどの理由で警察が警護をしてくれない場合には民間の警備会社に身辺敬語を頼むことになります。それが「4号警備」ですね。

イメージ的には、芸能人やスポーツ選手などの有名人の警護しかしていないように思えますが、ストーカーからの警護や塾帰りの子供の警護など、一般市民の警護の利用も増えているそうです。

4号警備のキャスト相関図

ドラマ「4号警備」の公式サイトで公開されているキャスト相関図を元に見やすいキャスト相関図を作りました。(下図)

各キャストの相関関係が交錯していて結構ややこしい相関図になっています。

ドラマもキャストの思いが交錯して面白くなりそうな予感です!

各キャストについては次の項目で紹介します。

スポンサーリンク

4号警備のキャスト

相関図で紹介したドラマ「4号警備」のキャストを紹介していきます。

朝比奈準人/窪田正孝

警備会社「ガードキーパーズ」の警備員

元は警察官だったがある”挫折”のために退官し、警備員となった。

普段は、明るくノリの軽い若者だが、「依頼人は必ず守る」という想いは人一倍強い。

格闘技ジムの2階に間借りして住んでいる。


明るくてのノリのいい若者というキャストで窪田正孝さんのイメージにぴったりですが、その反面として警察官として挫折した過去も持っており、窪田正孝さんの演技力の見せ所ですね。

石丸賢吾/北村一輝

朝比奈と「4号警備」のコンビを組む冴えない中年警備員

慎重すぎる性格から「臆病者」のレッテルを貼られている。

かつては菓子屋社長として会社経営をしており、妻子もいたが現在は一人暮らし。


元会社社長の冴えない中年警備員という深い裏がありそうなキャストですね。

ありとあらゆる役を演じ分ける北村一輝さんの演技に期待です!

上野由宇/阿部純子

ホテルのフロント係をしているストーカー被害に悩まされている女性で、朝比奈と石丸が身辺警護を担当する。

朝比奈と石丸も上野の身辺警護を通して彼女の”生きざま”に触れ、それに触発される形で己の過去に向き合っていくことになる。

後にゲートキーパーズの一員となる。


ドラマ「4号警備」のヒロインとなるキャストです。

ドラマで語られる上野の”生きざま”がドラマの鍵となりそうです。

池山幸雄/片岡鶴太郎

朝比奈と石丸の上司の警備部長

二人にコンビを組ませた張本人。

相性の悪そうな朝比奈と石丸のコンビ結成には何やら池山の狙いがあるらしい。

元は警視庁のSPで、一見柔和そうだが4号警備の任務には確固たる信念を持っている。


海千山千で何やら内に秘めている警備会社の上司役のキャストに片岡鶴太郎さんがぴったりはまります!

本田薫/木村多江

亡父から警備会社「ゲートキーパーズ」を受け継いだ2代目社長

警備業は無難に採算が取れれば良いと思っており、アパレル事業にご執心。

池山とはいつも意見が合わず、朝比奈と石丸のコンビに懐疑的。


女だてらに警備会社の社長を務めており、2代目に就任した理由も色々ありそうですね。

そんな何か重い過去を抱えていそうなキャストに木村多江さんがぴったりです!

金沢茜/濱田マリ

ゲートキーパーズの金庫番だがリサーチや分析にも長ける。

本田社長を尊敬している。

遠藤恵輔/高木渉

ゲートキーパーズ警備部のリーダー格

社長の本田や金庫番の金沢に頭が上がらない。

江本六郎/麿赤兒

総合格闘技ジムのオーナーで、ジムの2階に住んでいる朝比奈の面倒を見ている。

山田剛志/神戸浩

江本のジムの住み込み清掃員

松下楓/久保田紗友

石丸(北村一輝)の娘で高校生。

両親の離婚後は石丸と別居中。

小林三喜男/賀来賢人

朝比奈(窪田正孝)の過去に深く関わる男。

スポンサーリンク

ゲストキャストと各話あらすじ

ドラマ「4号警備」には毎回ゲストキャストが登場します。

ここではゲストキャストと各話のあらすじを紹介します。

第1話のゲストキャストとあらすじ

第1話ゲストキャスト

広瀬秀嗣/水橋研二
 巨額の遺産相続をめぐり、何者かから命を狙われている視覚障害のある男性。

第1話あらすじ

上司の池山から「4号警備」の任務を命じられた朝比奈と石丸の初めての警護対象者は、目の見えない広瀬(水橋研二)という男性。

多額の遺産相続に絡んで何者かに命を狙われていた。

朝比奈は通勤路を変えるよう広瀬に進言するが、広瀬は頑なに通勤路を変えようとせず、あえて危険に身をさらすかのように振舞う…

その真相は?

第2話のゲストキャストとあらすじ

第2話ゲストキャスト

小川/小沢一敬
 上野を執拗につけ狙うストーカー

第2話あらすじ

情報が明らかになりましたら追記します。

第3話のゲストキャストとあらすじ

第3話ゲストキャスト

原正/中山秀征
 大手不動産会社社長
 凄腕の経営者だが、ブラック企業との噂がある。

第3話あらすじ

情報が明らかになりましたら追記します。

第4話のゲストキャストとあらすじ

第4話ゲストキャスト

熊田典子/伊藤蘭
 ある地方都市の元教師。
 市長選に立候補するが、何者かから脅迫を受ける。

 
甲本富雄/高橋光臣
 典子の教え子で、元ヤンキー。
 典子の選挙事務所を切り盛りする。

第4話あらすじ

情報が明らかになりましたら追記します。

まとめ

窪田正孝さんと北村一輝さんが主演する2017年4月8日スタートのNHK土曜ドラマ「4号警備」のあらすじとキャストや相関図をお届けしました。

権力を武器した警察と違って、私たち一般市民と同じように権力を持たない存在である民間警備会社。

そんな民間警備会社が身辺警護業務「4号警備」を通してどんな人間ドラマを繰り広げていくのか楽しみですね!

まだまだドラマ「4号警備」の詳細は謎な部分が多いので、今後随時追記していきます。

最後までお読みくださりありがとうございました!

スポンサーリンク